認定NPO法人 自然再生センター

活動紹介

ふれる・学ぶ

01

「オゴノリング大作戦」事業
「オゴノリング大作戦」事業は2018年度より一般財団法人セブン-イレブン記念財団から環境NPO自立支援強化助成を受けて活動しています。かつて、中海ではオゴノリなどの海藻を刈り取り、肥料として畑にまいて農作物を育てたり、良質な寒天の材料としての産業も盛んに行われていました。しかし、1950年代半ばごろに化学肥料が台頭するようになり、海藻の需要は激減し、農薬の影響で海藻そのものの生息も激減...

すべて見る

02

中海・宍道湖の食を広めよう会
中海・宍道湖流域の食材を使った料理で,地元漁師さんから流通しにくい食材を直接仕入れ食への関心を高めるとともに,会員・寄付へとつなげる貴重な機会となっています。斐伊川水系の上流から下流の森里川海の食材を使ったお料理は伝統的食文化を伝えるだけではなく,素材を大切にした味はおいしさと共に新しさがあり,地元の人にとっても新鮮な発見があります。当法人の活動を知らない方の入り口にもなっており、会員同士が交流す...

すべて見る

03

天神川の水草刈り&生き物観察会
夏の恒例行事として地域の皆さんとの協働によって、天神川に繁殖した水草を刈り取ります。刈り取った水草は松江市内の畑へ搬入し、化学肥料に代わる土壌改善の資源として循環利用し、子どもたちに楽しく水辺に親しんでもらうための水質調査や生き物観察会も同時に実施します。「きれいにする」という課題解決から、リピーターも増え、水辺に親しんでもらう事業になりました。企業の社会貢献という視点から、中国電力松江営業所の皆...

すべて見る

04

次世代につなぐ環境教育
意東小学校での環境学習年に6回の授業の中で中海を大好きになります。学習を始めた頃の子ども達は、中海について無関心の様子でした。地域の方の話を聞いて、問題に取り組む活動を知り、そして実際に中海で水や生き物に触れたことで心が変わっていきました。昔は中海の名物だった赤貝の復活を目指す漁師さんとの交流、また、ゴズ釣りをした後、唐揚げ調理をしてすぐにいただいたり、地域の方から伝統料理を教わって他県産の赤貝と...

すべて見る

© 認定NPO法人 自然再生センター